FC2ブログ
にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村

Entries

焼肉が食べたくなったらVR焼肉?  焼肉さん太郎  





data-ad-client="ca-pub-1259207086076523">



寒いです

地球温暖化の影響もあり
年々暖冬化している感もありますが

寒いです

正月明けでついでに財布も

寒いです


なので焼肉にします???



190106 焼肉さん太郎1

財布が寒いのに
本物の焼肉が食べれるハズもなく
こちらのVR焼肉焼肉さん太郎で寒さを乗り切る事にしますw



【メニュー】

・味見
・価格帯
・採点



【味見】



190105 焼肉さん太郎 中身


パッケージにもイメージと書いてありますが
とりあえずぱっと見た目は
焼肉に見えませんね

一口食べてみると薄いですが少し堅い
そして焼肉の甘辛いタレの味と共に
ピリッと豆板醬のような辛味があります


こちらも蒲焼さん太郎と同じく
魚のすり身がベースになっているので
食感は似ています

しかしよく考えてみると
焼肉なのに肉が使われていません


パッケージに書いてあるように
イメージですから
そこはスルーというか
大人の判断でw





【価格帯】

約40円(税込み)/1枚


百均で3個で100円でしたので単品の価格は不明ですが
恐らく40円前後だと思われます



【採点】

71点


昔ながらの焼肉のタレの味
駄菓子なので子供向けには
少し辛いかもしれませんが
許容範囲だと思います

価格も妥当だと思います





*以上のコメント、採点は私の個人的な主観に
 基づいたものなので確認されたい方は下記のリンクから
 購入の上 確認願います

























にほんブログ村









蒲焼さん太郎って言われても・・・







190105 蒲焼さん太郎 パッケージ


今年2回目ですが
あけましておめでとうございます
本年も『スナック菓子だーーーい好き!』を
宜しくお願い致します

2019年最初のネタは
蒲焼さん太郎です
どストレートに駄菓子です

見たことありますか?
百均やスーパーなどの駄菓子コーナーには
ほぼほぼレギュラーで鎮座しています

気になっていた方もおられると思います

「えっ?知らない?見たこともなければ興味もない?」

「・・・まあまあ そんな事言わずにお兄さん
チラッと見るだけでいいんで~」



どこかの繫華街のショートコントが
始まりそうですが
無視してここから本題ですw

【メニュー】

・味見
・価格帯
・採点



【味見】


190105 蒲焼さん太郎 中身

中身はこんな感じです

蒲焼に寄せる努力が凄く伝わる
ルックスです

食べてみるとまず固い
この季節だからかもですが・・・
そして味はみりん干しです
メインの原材料は魚のすり身の様なので
薄くて固いみりん干しを想像してもらえれば
分かりやすいと思います

なので駄菓子ですが
噛む力が弱い子供さんやお年寄りの方は
避けたほうがいいです




【価格帯】

約40円(税込み)/1個

百均で3個で100円でしたので単品の価格は不明ですが
恐らく40円前後だと思われます

【採点】

78点

ぱっと見た目は蒲焼なので味も
寄せてほしかったです
それと固い・・・
価格からすると妥当だといえるかもしれません


















にほんブログ村









01/04のツイートまとめ

3Lb7ijN6sOxWjbO

ショットガンを持った刑事を期待して入りましたが普通の銭湯でしたw https://t.co/r0p9dr1FfX
01-04 21:23

01/02のツイートまとめ

3Lb7ijN6sOxWjbO

ブログ更新しました〜『あけましておめでとうございます!』新年の抱負をちょこっと書きました#スナック菓子だーーーい好き! https://t.co/Ugiy7EQD9V
01-02 10:42

あけましておめでとうございます!








けましておめでとうございます

2019年もスナック菓子だーーーい好き!
よろしくお願い致します


今年 当ブログは様々にリニューアルして
更に楽しんで書きます・・・
ではなくて読んで楽しい記事にします

あっ勿論 画像をクリックしてもらえると
もっと楽しくなりますw


乞うご期待!














にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村

Appendix

おすすめリンク

フリーエリア

プロフィール

ryoK.K.S.

Author:ryoK.K.S.
スナック菓子大好きな男です すみませんwww
因みに1967年生まれです すみませんwww

過去記事はこちら

全ての記事を表示する